多重債務で困ったら弁護士に相談しましょう

弁護士が最適な債務整理方法を教えてくれます

美しいあじさい多数の賃金業者からの借り入れを重ねて返済が困難な多重債務に悩んでいる場合は、弁護士に相談して債務整理をするという方法があります。
債務整理には、任意整理、民事再生、自己破産などの手続きがあります。
どの方法を選ぶかは、債務の金額や今の生活状況などから、弁護士が最適な方法をアドバイスします。

良い弁護士の探し方

まずは、依頼する弁護士を探すことから始めます。
初めての場合は、どの法律事務所を選べばよいのかわからないものです。
そんなときは、各地の弁護士会や自治体が行っている無料法律相談会へ参加してみるのがよいでしょう。
弁護士会や自治体のホームページをチェックしてみましょう。
無料という性質上、すぐに定員オーバーとなってしまうこともありますので、余裕を持って早めの申し込みを心がけましょう。

弁護士との相談の実例

相談会の当日は、督促状や契約書や取引履歴などの多重債務の状況がわかる書類を持参する必要があります。
そこで担当してもらった弁護士にそのまま債務整理の手続きの依頼をすることも可能です。
依頼することが決定すれば、次回からはその弁護士の法律事務所で打ち合わせなどを行います。
最初の打ち合わせで、手続きの方針や、着手金や実費や報酬金などの弁護士費用についての説明もありますので、トラブルを避けるためにもしっかりと確認しておくことが大切です。

自己破産の手続き方法

自己破産の手続きには様々な準備が必要になります。
住民票や所得証明や保険の証書や車検証や預金通帳などです。
さらに、家計簿が必要になるので、領収書などもきちんと保管しておきましょう。
必要なものを速やかに揃えることで手続きもスムーズに行うことができます。
問題の解決は早いに越したことはありませんので、多重債務に困ったら早めに手続きを行いましょう。